福井市・話題の認定こども園【やしろ中央会・社中央こども園】

 

福井県で認定こども園をお探しの方はこちらをご覧ください!

 

 

平成28年4月1日より当園は、「幼保連携型やわらぎ木田認定こども園」として新たにスタートしました。幼稚園・保育園の機能、さらに子育て支援の機能を併せ持ち、子どもたちが一貫したカリキュラムのもとで保育と教育を一体的に行い、より一層質の高い幼児教育を目指します。
出典:https://rokujyokoseikai.jp/child-about/

 

本園は福井市の西部に位置し、周囲には福井県営総合運動公園や足羽三山などの里山があり、常に四季を肌で感じる環境に恵まれた閑静な住宅街の中にあります。昭和52年から「モンテッソーリ教育法」に取り組み、子どもの中の自発性を重んじたプログラムを実践しております。園内での子ども達は実にのびのびと過ごし、規律正しく自発的に新しい事を積極的に吸収しています。
出典:https://www.y-c-h.com/

 

子どもの成長にとって体験こそが命です。いろんなことに興味を持って、それに向かって自分からどんどん挑戦していく子どもを育てたいと思っております。これから未来に生きる子どもにとって、幼児期に受けたしっかりした保育は、大きな『生きる力』となることでしょう。
出典:http://www.akatuki1.net/concept/index.html

 

 

乳幼児にとってこども園の生活は、人格形成の基礎を養う場として重要です。そこに携わる保育者は「和」を重んじ、豊かな愛情を持って接します。子どもは一人の人間として愛され、信頼され、主体性が発揮できるよう教育・保育します。
また子どもの幸福のため、保育者は保護者や地域社会と力を合わせます。
出典:https://www.ii-kodomoen.jp/education/ 

 

就学前の6年間は、脳神経系統が最も発達する時期であり、運動神経と感覚神経の発達が能中枢の発達を促すことから、それにあわせたリズム運動、水遊び、泥遊び、散歩など、子どもたちの遊びを充分保障する保育をしています。そして自ら意欲的に生きる力と、どんなこともやればできるんだという、達成感の育つ育ちを援助していく保育を心がけていきます。
出典:http://takasuhikari.jp/#policy 

 

子ども、保護者、地域社会、職員、4者のふれあいを通して、「育てる楽しさ」、「生きる喜び」をともに分かち合う心を大切にします。今日を楽しみ 明日に希望を持ち 自主創造に富んだ情操豊かな子どもに育成します。
出典:http://www.fujishimaen.or.jp/hoiku/

 

 

大正11年に創設された市内で最も歴史のある教育・保育施設です。『心身ともにたくましく』をモットーに子ども達を育てます。「教える」のではなく、経験して「学ぶ」ということを意識し、遊びの中から探求心や考える力を育てていきたいと考えています。
出典:http://www.rokuon.jp/about/

 

素直に自分の気持ちを伝えたり、相手の思いに気づいたり、また、共感する喜びを感じたり・・・いろいろな「思い」を経験し、心の軸を鍛え、心の幅を広げてほしい、どんなときも、大きな心で人と接することができる人になってほしい、私たちは、そんな気持ちで子どもたちと毎日を過ごしています。
出典:http://www.fujishima-kinder.jp/goaisatu.html

 

子どもたちは豊に伸びていく可能性を秘めています。人や物、自然との関わりを通して人として豊かに育つことを援助し、思いやりのある心優しい子を育てます。
出典: http://www.wakatake.ne.jp/

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です